白髪を抜くのはNG?髪を無理に抜いてしまうことで起こる問題とは?

白髪を抜く行為は良い?悪い?

白髪を気にしている方の中には、

抜いてしまっている方も多いのではないでしょうか。

なぜなら白髪は目立ってしまうし、ついつい抜きたくなってしまうものです。

しかし白髪だからといってを抜いてしまうのは本当に良いことなのでしょうか?

 

白髪はメラニン色素が抜けたもの

白髪の原因ですが、本来髪は頭皮の外に出てくる前に、

メラニン色素によって色が定着されています。

そのため見た目にはもともと色がついて生えてきたように見えますが

実はメラニン色素によって色がつく前の頭皮の下では、

髪というのは全て白髪なんです。

メラニン色素によって毛髪が着色するのは、

毛髪が作られる過程の一つとして脳に組み込まれているようなのですが、

何らかの要因によってメラニン色素が生成されずに外に出てしまったのが白髪なんですね。

 

 

白髪を抜くと毛根にダメージが残る

このメラニンを作っているメラノサイトの衰えが白髪の原因といえるのですが、

この理由ははっきりとは解明されておりません。

 

白髪の発生には、

遺伝・加齢・生活環境・ストレスなどが原因とされています

 

白髪を抜くと白髪が増えるということはありませんが、

白髪を抜くと、

毛根にはひとつの毛穴につき髪の毛が1~3本生えていて、

白髪を1本抜いてしまうと、毛穴の中のほかの毛根にも刺激を与えてしまいます。

 

 

毛を抜くこと自体が薄毛の第一歩となってしまう

それによってダメージが蓄積されていくと、

毛根の働きが弱まっていってしまい、

細くて薄い毛しか生えてこなくなってしまうのです。

 

白髪を抜くというよりも、

髪の毛を抜いてしまうということ自体が毛根にダメージを与えてしまうので、

髪に良くないようです

 

白髪を抜くと白髪が減るということもありませんので、

ほかの毛根を傷つける原因となってしまうので

白髪を抜くことはあまりしないようにしましょう。

 

まとめ

白髪とはメラニンにより黒くなっていない髪のことであって

髪そのものは黒髪とたいして変わらないということです。

白髪を抜くことでも、毛根にダメージが残り、

その後の毛髪に大いに悪影響を与えます。

白髪を抜く行為は元気な黒髪を抜くことと同じことであることから

白髪が目立つという理由だけで安易に抜いてしまわないようにしましょう。

 

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村


育毛・発毛ランキング

 

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG