アスタキサンチンによる抗酸化作用で薄毛改善!サプリ摂取OK

アスタキサンチンって?

聞いたことはあるけど、何の成分なのかまではわからない。。。

 

なんでもアスタキサンチンにはビタミンCの6000倍もの抗酸化力があるらしく

その効果が薄毛にも有効なのではないかと密かに囁かれているらしい・・・

 

ということで今回はアスタキサンチンを取り上げていこうと思います。

 

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンというのは「カロテノイド」と呼ばれる天然色素で

蟹、エビなどの甲殻類、鮭や鯛など

これまた色の赤い魚介類に多く含まれています。

 

とにかく色の赤いものにアスタキサンチンが含まれているということですね。

抗酸化作用とは?

アスタキサンチンの抗酸化作用がビタミンCの6000倍あるといわれていますが、

ではその「抗酸化作用」というのは?

 

その名のとおり「酸化」を抗う、酸化に抵抗する作用があるということです。

 

酸化というのは

例えば金属に錆が出たり、油が黒く変化したりとか

「酸化」とはいわば「劣化」と同じで

物質が空気中の酸素と結びつくことで

見た目だけでなく、性質にも悪い変化を起こす現象をいいます。

 

そして、その「酸化」という現象は人間の体にも知らず知らずのうちに

「活性酸素」を元凶として起こっているのです。

 

「活性酸素」は外から入ってくる病原菌を退治する人間の体に必要な役割を

担っていますが、過剰に摂取すると正常な細胞まで傷つけてしまい

様々な病気の原因にもなってしまうようです。

体内にそれと対抗出来る抗酸化力があるうちは良いのですが、

加齢とともに抗酸化力が落ちてしまうことで見た目にも影響が出てしまうというわけですね。

見た目=薄毛

 

アスタキサンチンは何で摂ればよい?

アスタキサンチンは先ほども述べたように

蟹、鯛、鮭、いくら、エビなど色の赤い魚介類から摂ることができます。

 

一日どれくらいとれば良いか?

アスタキサンチンを一日どれぐらいとれば良いか??とのことですが、

一日最低6mg、出来れば12mgとると良いみたいです。

 

12mgとは例えば、

  • いくらどんぶり4杯
  • 鮭に切り身12切れ
  • たらこ12腹

はい無理です

と、いうことでサプリで補う方法がよろしいのではないでしょうか?

この組み合わせ最強!

サプリメントもあります

実はサプリメントもあるのでそちらで補うのが良いかと思います。

DHCやNOWフーズなどの大手から発売されていますね。

AMAZONや楽天で検索すれば沢山出てくるので

ぜひ検索してみて下さい。

 

アスタキサンチンが成長因子を増やす

こちらのサイトを参考にしてください

アスタキサンチンをマウスに与えたグループと

与えなかったグループにわけて2週間経過したところ

アスタキサンチンを与えたグループに発毛が見られた実験結果があります。

これは、アスタキサンチンによる「インスリン様成長因子 IGF-1」の増加が理由で、

アスタキサンチンを投与したマウスには皮膚の中に含まれるIGF-1量が

なんと通常の3倍ほどあったというのです。

 

これはひょっとしたらひょっとしますね。

 

まとめ

アスタキサンチンのサプリを髪が生えると思い込んで飲み続けたら

本当に髪が生えるかも?しれません。

また、「トコトリエノール」というサプリも一緒に摂ると

抗酸化作用の効果が倍増するらしいです

私もすぐにAMAZONで仕入れて飲んでみようと思います。

経過は、効果があった場合のみ報告します!

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村


育毛・発毛ランキング

 

 

 

 

 

 

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG