フケが出る、痒みが出るなどの頭皮環境は本当に薄毛(AGA)と関係があるのか?

頭皮環境が悪ければいくら育毛剤をつけたところで

丈夫な髪の毛は育ってこない…なんていうのは

薄毛に悩んで一通りネットで調べ尽くした方にとってはもはや常識ですよね。

 

例えばフケが大量に出るとか、痒みや湿疹が出来たり赤らんだりしているなど

脂漏性皮膚炎などもそうなのですが、

じゃあそういう人は全員薄毛なのか???

 

ふとそんな疑問を思いついたので自分なりの考えを

簡単ではありますが少し書いてみたいと思います。

 

頭皮環境が悪い人は皆薄毛なのか?

頭皮環境が悪い人が全員薄毛に悩んでいるかと言えば

実はそうでもなく、男女ともに頭がかゆいなりに掻いてはいても

髪はちゃんと生えている人がほとんどのように見受けられます。

私も昔から頭皮が乾燥気味でフケは比較的多く出る方でしたが、

若いころは痒みは酷くありませんでしたし

薄毛に悩むということもありませんでした。

 

AGAになると頭皮が悪くなるのか?

しかし、AGAだと気づいたころからしばらくすると

頭皮の痒みは昔に比べて強くなったし、汗をかくと

かゆくてたまらないときがあるのも事実です。

間違いなく自分の頭皮環境が悪くなっている証拠であり、

十分実感もしているわけなのですが、

ではAGAというのは頭皮の病気なのか?それとも

髪の病気なのか?そもそもホルモンの病気で、それが影響して

頭皮も悪くなっていくのか?とか考えてしまうんですよね。

 

皆さんはどう思いますか?

 

全部!?

 

確かに!!

 

AGAは一つの原因だけではなく、

いろんな要因が絡んで起こると言われていますのでそうなのでしょう。

 

 

頭皮が痒いのは薄毛(AGA)のサインかも?

工事現場の方や警備員の方などヘルメットを被って作業をする方々に薄毛が多い印象がありますが、

そういった職業の方々に実際に薄毛になる前兆の話を聞いたことがあります。

言わずもがなですが、ヘルメットで頭皮が蒸れて無性に頭を掻きたくなり

加齢とは関係なくあっというまに髪が薄くなっていったそうです。

 

これはAGAとの相乗効果なのかそれともAGAとは関係なく

掻きまくったために起こったことなのか判断が難しいところですよね。

 

頭皮が痒くなったことが原因でAGAになったのか、

AGAになったから頭皮が痒くなったのか。。。

 

一概にどちらとも言えませんが、

頭皮の痒みというのは

AGAの進行を極端に早める危険性があるようです。

 

頭皮環境を整えるには?

もし育毛剤をお使いの方でしたらまずは一旦育毛剤を止めてみることと、

シャンプーを見直してみることから始めるのが良いのではないでしょうか?

 

例えば薄毛に良いと言われているスカルプシャンプーの類を

今一度見直してみて、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩が配合された

メディクイックHやハツモール メディカルシャンプー、あと

昔からあるコラージュフルフルシャンプーに変えてみてはいかがでしょう?

 

あとは自分に合うかどうかですが、効く人には頭皮の痒みもフケもスパッと治りますよ。

ただし効かない、肌に合わない場合もあるようです。

 

頭皮の痒みを抑えるのは、薄毛予防の一環だと思いますので

頭が痒くてよく掻いてしまう人にはお勧めです。

 

よほど酷い痒みや湿疹があるのなら面倒ですが、皮膚科に行ってみるのが良いかと思います。

 

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG