悩める女性の薄毛対策:アメリカでの最新薄毛治療とは?

現在のアメリカでの女性の最新薄毛治療とは?

アメリカの「専門家のQ&A」と題された記事: WebMDの “Fighting Hair Loss in Women “という記事では、女性の薄毛治療とその悩みについての洞察を提供しています。以下は、現在言及されている最先端の薄毛治療法の要約です。

WebMD

Learn more about the causes of hair loss in women.…

ミノキシジル(ロゲイン)5%

ミノキシジル(ロゲイン)5%:FDAが承認した唯一の女性型脱毛の外用薬。使用した女性の81%が発毛している模様です。

この治療薬は、髪の成長期を延長させ、髪の密度が完全に伸びるようにします。

液体と泡の両方があり、通常3~4ヶ月の毎日の使用で効果が現れます。

ヘアマックス・レーザー・コーム

ヘアブラシのような形をした赤色光治療器。

血行を促進し、毛髪を作る生物学的行進を促進することで効果を発揮するとされています。

男性用としてのみ認可されているが、女性も使用している人口は多いようです。

ある研究では、使用者の45%が8週間後に、90%が16週間後に改善が見られたと報告されています。

 

ホルモンの異常

女性の脱毛は、過剰な男性ホルモン(アンドロゲン)など、ホルモンバランスの乱れが原因である場合もあります。

これは、スピロノラクトンや経口避妊薬などの処方薬で治療できます。

また、男性の脱毛に対して承認されているフィナステリド(当初はプロスカーとして販売されていた)という薬も、ある種の経口避妊薬と併用することで、女性にも有効であることが示されています。

 

植毛

これは、頭皮のある部分から患部に小さな毛包を移植する方法です。

非常に効果的で、自然に見える永久的な結果が得られます。

 

鉄サプリメント

新しい研究によると、フェリチン値(全身の鉄貯蔵量を示すタンパク質)の低下が、女性の脱毛に関係している可能性が示唆されています。

このような場合、鉄分サプリメントが役立つかもしれません。

 

ヘアケア

記事では、女性型脱毛症の女性は、通常のヘアスタイリング法を続けるべきであると示唆しています。

ケトコナゾールやジンクピルチオンを含む抗フケシャンプーを使うのも効果的と書かれています。

 

また、脱毛は、男性ホルモンの過剰分泌を特徴とする高アンドロゲン血症など、より深刻な問題の兆候であることもあります。

このような状態は、肥満、にきび、月経不順などの他の症状を引き起こす可能性があるようです。

 

では、もう少し掘り下げてみましょう。

女性型脱毛症に遺伝的要因はどのように関わっているのでしょうか?

女性型脱毛症は、男性型脱毛症としても知られていますが、遺伝的要素が強いことがよくあります。つまり、母親か父親のどちらかから遺伝する可能性があるということです。女性の母親、祖母、あるいは曾祖母が脱毛を経験している場合、その女性も脱毛を経験するリスクが高いかもしれません。

遺伝的素因は、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに対する毛包の感受性を決定します。遺伝的素因のある人は、DHTにさらされると毛包が収縮し、髪が細くなり、最終的に抜け毛につながります。

このタイプの脱毛は、発症が早ければ早いほど、重症化する傾向があります。

前述の治療法に関連する副作用の可能性はありますか?

  • ミノキシジル(ロゲイン): 一般的な副作用には、頭皮の炎症、かゆみ、乾燥などがあります。まれに、顔など頭皮以外の部分にムダ毛が生えることがあります。
  • ヘアマックス・レーザー・コーム: 一般的に安全性が高いとされているが、使用者によっては皮膚の赤みや炎症が起こる可能性がある。レーザーによる目の損傷の可能性を防ぐため、メーカーの指示に従うことが不可欠。
  • ホルモン治療(スピロノラクトンや経口避妊薬など): これらは、体重増加、気分の変化、その他のホルモン関連症状などの副作用を引き起こす可能性があります。フィナステリドは効果的ですが、男性の胎児に有害な可能性があるため、妊娠中または妊娠を考えている女性にはお勧めできません。
  • 植毛: 他の外科手術と同様、正しく行われないと感染症や瘢痕、不自然な仕上がりになるリスクがあります。
  • 鉄サプリメント: 便秘や吐き気などの胃腸症状を引き起こすことがある。鉄の過剰摂取を避けるため、鉄のレベルをモニターすることが不可欠です。

生活習慣や食習慣は、女性の髪の健康や抜け毛にどのような影響を与えますか?

  • 食生活: 必須栄養素、特にビオチン、鉄、タンパク質、ビタミンを豊富に含むバランスのとれた食事は、髪の健康を促進します。例えば、鉄分不足は抜け毛の原因として知られています。亜麻仁や魚など、オメガ3脂肪酸を豊富に含む食品を摂取することも、頭皮の健康をサポートします。
  • ストレス: 慢性的なストレスは、一時的な抜け毛の一種である毛細血管拡張症につながる可能性があります。リラックス法、運動、十分な睡眠などでストレスを管理することが予防につながります。
  • ヘアスタイリング: 熱器具の使いすぎ、ポニーテールや三つ編みなどのきついヘアスタイル、化学トリートメントなどは、髪を弱らせ、切れ毛の原因になります。
  • 健康全般: 甲状腺疾患、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、特定の自己免疫疾患などの疾患は、脱毛につながる可能性があります。全身の健康状態を良好に保ち、定期的に健康診断を受けることは、こうした症状の早期発見と管理に役立ちます。

抜け毛には、内的要因と外的要因の両方を考慮し、総合的にアプローチすることが重要です。

まとめ

女性の脱毛症、特に男性型脱毛症は、遺伝的要因が強く関与しており、親からの遺伝の可能性が高いです。

ミノキシジルやヘアマックスレーザーコーム、さらにはホルモン治療など、脱毛症の治療法はいくつか存在しますが、これらの治療には様々な副作用が伴うことがあります。

髪の健康は、日常の生活様式や食事の質に大きく左右されます。髪の健康を維持し、脱毛を予防するためには、バランスの良い食事、ストレスの軽減、適切な髪のケア、そして全体的な健康の管理が必要です。

最適な治療方法やアドバイスを受けるためには、専門家との相談が欠かせません。

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が体に合わなかった場合どうしたらよいでしょうか?植毛?それも良いかもしれませんが費用がネックです。薬無し、費用は最小限で薄毛回復する方法はないものか?と考える方は意外と多いのではないでしょうか?それに答えるのが、「アルカナ発毛セラピー」です。是非、下記リンクよりご参照ください。

CTR IMG