抜け毛が増える原因は季節や食べ物だけでない!正しい対策を紹介

抜け毛が増えると薄毛が進行していると、かなりショックを受けてしまう人が多いでしょう。

美容室でシャンプーをしていると、お客様の中にはゴッソリ毛が抜けて、

悩みがあるのがそれだけでわかります。

 

その時にほとんどのお客様は気を遣ってくださるので、

なんとかよくなってほしいと抜け毛対策を説明させてもらうと、

案外知らない人が多かった印象でした。

 

そこで正しい抜け毛対策を紹介したいのですが、

その前にあなたの抜け毛の原因を知っておく必要があります。

それに合わせた対策をしたほうが、効果が全然違いますよ。

 

抜け毛が増える原因の基本はホルモンバランス

ホルモンバランスというのは普段の生活をしていても、

健康ブームというのもあり、誰でも名前は聞いたことがあるでしょう。

抜け毛で言うところのホルモンバランスとは、男性ホルモンは減った状態です

 

もともと薄毛の原因というのは業界的に正確に把握できていませんが、

男性ホルモンが減るとDHTが増え、それが原因で抜け毛が増えるという研究結果が出ています。

 

その原因に合わせて対策をしたほうがいいわけですね。

 

ストレスで男性ホルモンが激減…結果的にDHT増加

では男性ホルモンが減ってしまう原因とはどんなものか?

その多くはストレスが原因でしょう。

ストレスとはイライラする気持ちだけでなく、

体の負担が大きくなれば、ストレスが溜まった体は認識します。

 

もともとストレスがダメなのは、自律神経というものが関わっており、

これがストレスを感じるとホルモンの分泌がうまく調整できなくなるんです。

 

自律神経というのは無意識に体をコントロールしている神経なので、

ここにストレスを感じさせると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ始めます

 

ちなみにストレスと関係があるのは交感神経。

ストレスを感じた状態が続くと、リラックスできる環境でも交感神経が働き続け、

ホルモンバランスも一緒に崩れてしまうわけですね。

 

ちなみに交感神経が優位になったままだと、

自然と男性ホルモンが減って、抜け毛に繋がってしまいます。

男性ホルモンの働きが必要なのに、それが足りなくなってしまうでしょう。

 

そこでDHTの登場です。DHTとはジヒドロテストステロンといい、

男性ホルモンはテストステロン。

名前を見たらわかるようにほぼ同じ働きなのですが、

DHTのほうがかなり強力という特徴があります。

 

もともと男性ホルモンも抜け毛が増える働きがあり、それよりも強力なわけですから、

抜け毛が増えるのも納得できるでしょう。

体のバランスを整えるために、DHTが増えているのが原因なわけですね。

筋肉量が少なくて男性ホルモンが徐々に少なくなる可能性

男性ホルモンが減ってしまう原因はまだまだあります。

ストレスのほかに挙げられるのが、筋肉量が低下したときに、

DHTが増加して抜け毛が増えてしまうケースです。

 

筋肉とは男性的な体つきに重要な部分であり、筋肉が作られる過程で、男性が増えます。

ところがこれが少なくなっていくと、それと同時に男性ホルモンも減ってしまうわけです。

 

そしたらストレスの時と同じように、

DHTが増えて抜け毛が増大!薄毛に繋がってしまうでしょう。

 

薄毛になるのは老化が原因といわれていましたが、この筋力低下も大きな原因のひとつ。

時間とともに薄毛にならないためには、運動をして筋力アップをさせるのが正しい抜け毛対策です。

 

睡眠不足で男性ホルモンバランスが崩れる

さらに睡眠に関しても抜け毛が増える原因だったりします。

睡眠をしている最中は、基本的に体の修復をしてくれる仕組みになっているんです。

 

もちろん男性ホルモンが減っている状態だと、睡眠中に何とか増やそうと体が努力してくれますが、

結局のところ質が低い睡眠はそこまで男性ホルモンが増えることはありません。

 

つまり体の調子が悪い人ほど、睡眠の質が低下しており、

そちらに重きを置いて努力をしたほうが抜け毛対策になります。

ホルモンバランスを整える3つの対策で抜け毛を減らす

抜け毛が増えるのは上記が大きな原因なのが分かったでしょう。

その原因に合わせた対策を続けていると、自然と抜け毛の量が増える心配はありません。

 

カンが鋭い人はどんな抜け毛対策をすればいいか、なんとなくイメージできたでしょうが、

わからない人のほうが多いでしょう。

基本的に以下の3つを頭に入れてさえすれば、案外簡単に抜け毛が減ってくれますよ。

 

運動でストレスと筋肉増加!男性ホルモンを増やす

まず抜け毛の原因である男性ホルモンの量を増やす努力は、

積極的に続けておいたほうがいいでしょう。

とくに筋肉を増やす筋トレなどをすれば、

体は男性ホルモンを作らざるを得ない状況になります。

 

とくに運動で男性ホルモンを増やすなら、下半身の筋トレをしてみてください。

この部分は体の中で最も大きい筋肉があるので、男性ホルモンが増えやすくなります。

 

おすすめは「スプリットスクワット」です。

これは足を前後に開いて、上半身と前側の足を屈伸する運動。

 

https://www.youtube.com/watch?v=EVFFBHW7brM

 

普通のスクワットよりも負荷がかかりやすいので、

短期間でも効果を実感しやすいのが特徴です。

早く抜け毛を解消したい人には、かなりおすすめの筋トレになります。

 

  • ドーパミンなどの脳内物質でストレス軽減
  • 筋肉が増えることで男性ホルモン増加

 

上記のような効果が実感できるようになるので、

抜け毛で悩んでいる人以外でも、

育毛効果も期待できるので積極的に取り組んでみましょう。

 

起きる時間を決めて寝る時間が遅くても早起きを!

睡眠によって抜け毛が増えている人は、朝に起きる時間を決めて、

寝る時間がどうであろうとその時間に起きてしまいましょう。

 

この対策は証明されている論文がいくつかあり、

メンタリストのDAIGOさんもおすすめしていました。

 

そして10分横になって寝られないと感じた人はベッドから出て、

眠気が来るまで待機したほうがいいでしょう。

 

本来なら寝られるまでベッドで横になったほうがいいといいますが、

脳がベッドは寝るところと認知しなくなることのほうがよくないからです。

スマホを持って布団で横になっていると、なかなか眠れないのはこのためでしょう。

 

この2つの対策を1週間続けていると、自然と睡眠サイクルが整えられます。

最初はきついでしょうが、睡眠の質が変わってくるので、

抜け毛で悩んでいる人にはおすすめのやり方です。

男性ホルモンの材料になる食事を摂ってしっかりケア

上記でも紹介したように、抜け毛の原因は男性ホルモンが減ってしまうこと。

そこでその材料となる食品を増やすことで、必然的に男性ホルモンを増やす対策です。

その食品とは以下のものとなります。

 

  • 魚介類
  • レバー
  • 玄米
  • 卵黄
  • しいたけ
  • 牡蠣 など

 

これらの食品に共通する栄養は、抜け毛で悩んでいる人の多くは知っているかもしれませんが、それが亜鉛です。

ミネラルとも言われており、今の人は不足がちといわれています。

 

この栄養は難しいところがあり、インスタント食品などと一緒に摂ってしまうと、

亜鉛の吸収を悪くさせてしまうんです。加工食品に頼らず、食事に注意して抜け毛対策をしてくださいね。

 

抜け毛が増えてもまだまだ薄毛対策を諦めないことが重要

抜け毛が増えたからといって、何もできることがない…なんて諦めてしまう人が多いですが、

実際のところは原因があるのでそれに合わせた対策で十分に効果を期待できます。

 

諦めた時点で抜け毛が減ることもないので、

運動を中心として男性ホルモンを増やす努力をし、

薄毛が悪化しないように努力してみてくださいね。

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG