薄毛をよくするには筋トレ!効果なしという声もあるけどじつは…

薄毛を解消するには運動がいいのは、

なんとなくイメージができますよね?

でもどんな運動がいいの?と思う人は筋トレを中心に取り組んでみてください!

 

え?でも筋トレって逆に薄毛になるって噂を聞いたが事がある…と、

よくお客様にも言われた経験がありますが、

結論から言うと筋トレで薄毛になるのは間違いです。

 

筋トレをして薄毛がよくなる理由と反対意見について

筋トレで薄毛になってしまうという噂を聞いてしまうと、

気になって本気で筋トレを取り組めなくなるでしょう。

そんな不安を抱えながら筋トレをしたところで、疑心暗鬼になって集中できず、

ストレスを溜めながら筋トレを続けてしまって効果が出ません。

 

というより筋トレそのものに薄毛対策として、効果があるものと思っていいので、

気を落とさずに筋トレを続けてみてくださいね。

その理由について紹介します。

筋トレをして男性ホルモンが増えると薄毛になるのでは?

筋トレをしても悪化してしまうという意見の多くは、

男性ホルモンに対して目を付けています。

たしかに男性ホルモンは抜け毛を増やす効果がありますが、

筋トレをしたからといって薄毛になるかといえば、

これだけが原因になるというのは考えにくいでしょう。

 

筋トレをしたら筋肉がついていくのは誰でもわかるでしょうが、

その副産物として男性ホルモンが増えるのは事実です。

ところがその程度の量の男性ホルモンが増えたとしても、薄毛には直結しませんよ。

 

もともと薄毛になるハッキリとした原因は、今はわかっていませんが、

原因と直結する研究結果が一部では出ています。

それは抜け毛と関係しているDHTという存在!

ジヒドロテストステロンといい、男性ホルモンが少なくなったら、

この体内物質が作り出されるという研究があるんです。

 

このDHTは男性ホルモンと似た効果を持っていますが、その効果が何倍も強力で、

その効果によって抜け毛が増えてしまいます。つまり筋トレで男性ホルモンが増えるより、

筋トレをせずに筋肉が退化して、DHTが増えるよりマシだと思ってください。

 

抜け毛を気にするより、男性ホルモンを増やして、薄毛予防に力を入れていきましょう。

腕を鍛える男性

汗をかいて毛穴が詰まるのではないか?

筋トレをして激しく動けば汗を誰でもかいてしまうでしょう。

その汗によって毛穴が詰まってしまい、薄毛になってしまうのでは?

と思う人が意外に多かったのも、営業をしている時に感じました。

 

たしかにホルモンバランスガ崩れている状態だと、

男性の場合はネチネチした皮脂が出てしまうので、

そのままにしていると毛穴が詰まってしまう可能性があります。

 

ところがこれもしっかり対処していれば、そこまで気にする必要はありません。

汗をかくというのは代謝を高めている最中なので、血液を使って頭皮まで栄養を運んで来てくれています。

 

筋トレをして毛穴のつまりを気にするより、筋トレをしたほうが大きいメリットがあるので、

積極的に筋トレを続けてくださいね。

ちなみに毛穴の汚れはシャンプーをすれば、きれいに落とせますが、

正しい方法は守ったほうがいいでしょう。以下で詳しく紹介しますね。

 

筋トレをしたほうがむしろ薄毛が解消しやすい

筋トレをしないほうがいいという反対意見について紹介しましたが、

結局のところは筋トレをしたほうが、薄毛対策になるというのはなんとなくイメージできたでしょう。

 

上記では紹介しませんでしたが、実際に筋トレをすると、

薄毛に対してもっとポジティブな効果はたくさんあります。

ストレスを少なくさせる効果や、血行をよくして育毛をしやすい環境ができるところなどですね。

 

幅広く薄毛対策できてしまうので、筋トレをしていて損はありません。

不安を抱えずに、ポジティブに薄毛と向き合ってください。

筋トレをしても薄毛にならない方法は単純!

筋トレで薄毛になるという意見は、原因を深く考えないで、

噂を鵜呑みにしているというのが理解できたでしょう。

 

もちろん筋トレにもデメリットがあるので、

それをなるべく抑えて体を動かすと、さらに薄毛対策して高い効果を期待できますよ。

その方法について具体的に紹介するので、ドンドン筋トレを取り入れてみてくださいね。

 

中途半端な運動はNG!正しい時間配分で筋トレ!

まず筋トレをしても効果なし!という人は、

その量は明らかに足りていないと思っていいでしょう。

筋トレで効果を出すためには、タイミングが大切です。

 

中途半端に筋トレをダラダラ続けていると、

無駄に栄養を使ってしまうので、それでは効果が出ません。

そこでおすすめなのが、高負荷な筋トレを短時間だけ続ける方法です。

 

もともと筋トレというのは、筋肉の繊維を壊して、再生成させて筋肉を大きくしています。

1時間を超えた筋トレをしてしまうと、男性ホルモンが少なくなるといわれており、

これは栄養不足と関係がある可能性があるんですよね…。

 

つまりキツいとイメージできる筋トレメニューを使って、全力で筋トレをしてすぐやめるというのが理想的。

ウェイトリフティングが有名ですが、器具が必要になってくるので、

面倒ならバーピージャンプやジャンピングスクワットがちょうどいいですよ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Y96i-xJwGII&t=27s

https://www.youtube.com/watch?v=kKn9bjhQBUc

 

それは以下でも紹介する筋トレと有酸素運動の両方が、1つの筋トレで味わえてしまえるから。

詳しくは以下で紹介します。

筋トレをして有酸素運動でも効果大

筋トレで薄毛を解消するには、基本的に代謝を高めたほうがいいでしょう。

筋トレだけでも効果が十分になりますが、

短期間で薄毛をよくしたいと思っているのなら、

筋トレに有酸素運動を取り入れるのがおすすめです。

 

有酸素運動とはウォーキングなどが挙げられる軽い運動の事。

酸素を体の中に取り入れられて、体を燃焼してくれるので、

ダイエットなどでも取り入れられる運動になります。

 

これを筋トレの後に取り入れることで、

有酸素運動のデメリットである効果が出るまで長いというデメリット解消!気軽に代謝を高めて、

筋トレによる代謝アップをサポートしてくれるでしょう。

最初に筋トレをして、その後に有酸素運動というのがポイントなので、

これを忘れないでくださいね。

筋トレ後は頭皮を正しく洗って毛穴のつまりを除去

ここまでは筋トレの方法について紹介しましたが、

その後のケアについても紹介しますね。

上記でも紹介したように、筋トレをしたら皮脂で毛穴が詰まるという不安を抱えている人がいるはずです。

 

それを解消するために、正しい方法でヘアケアをしてください!

その方法というのは、まず頭皮に負担がかからないようにするために、

アミノ酸シャンプーを使ってください。

これは必要な皮脂を残せられるように作っており、洗浄力をおさえられています。

 

市販のシャンプーの多くは洗浄力が強すぎるため、筋トレでかいた汗で、

炎症を起こしてしまう可能性があるんです。

つまりシャンプーを変えるだけでも、皮脂によるダメージを守ってくれるでしょう。

筋トレをしている人は、必ずシャンプーを見直してくださいね。

 

ベタベタの脂っぽい皮脂が出ている人は、

2回シャンプーをするなどして、調整するといいでしょう。

結論:筋トレで薄毛になる噂は無視して習慣化!

筋トレをしたら薄毛がひどくなるというのはあくまで噂であり、

正しい方法を守れているなら、続けたほうが髪の毛が増えやすくなるでしょう。

男性ホルモンが増えてきますが、それよりも薄毛対策としてはメリットがたくさんあります。

 

そして筋トレを続けていると皮脂が気になるでしょうが、

その場合は洗浄力の弱いシャンプーを使えば、

皮脂によってダメージを最小限に抑えられるでしょう。

これさえ守っていれば、薄毛になる可能性を抑えられるので、

安心して運動を続けてくださいね。

 

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG