AGA治療薬 ザガーロについて プロペシアとの違いを分かりやすく解説

ザガーロとは?

特徴

 

  • 2016年6月に発売開始されたAGA治療薬
  • 韓国では2009年にすでに発売
  • 有効成分はデュタステリド
  • 0.1mgと0.5mg含有のものがある
  • プロペシアと違いⅠ型もⅡ型も両方に効果がある
  • プロペシアと違い発毛効果も期待出来る

 

簡単に書くとこのような薬になっています。

 

プロペシアとの違い

 

プロペシアの成分はフィナステリドなのに対し、

ザガーロはデュタステリドという成分になっています。

どちらも5αリダクターゼを抑制する効果がありますが、

その中でもⅠ型Ⅱ型というのが存在し、

プロペシアはⅡ型にしか効果が無かったのに対し、

ザガーロは1型もⅡ型も両方に効果が期待出来ます

 

Ⅰ型?Ⅱ型?

Ⅰ型とは、側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在しているといわれています。

Ⅰ型5αリダクターゼから産生されたDHTジヒドロテストステロンが

皮脂腺に作用することで

頭皮の皮脂が原因で薄毛を進行させてしまう作用があります。

結果として髪のボリュームが無くなったり

髪が細くなる症状が現れます。

 

対するⅡ型は、Ⅰ型と違い頭頂部や前頭部の毛乳頭に多く存在しており

よくある男性型脱毛症AGAの典型的な症状となっていきます。

Ⅱ型が髪の成長サイクルに乱れを生じさせ、AGAを進行させてしまいます。

 

AGAにとってはやはり、Ⅱ型のほうが6~7割を占めており、

Ⅱ型を抑えるのが有効となりますが、Ⅰ型にもAGAを進行させることが

分かっており、Ⅰ型Ⅱ型両方を抑えられるザガーロは

プロペシアよりも優れた薬かもしれません

 

ザガーロの副作用

問題はザガーロの主な副作用です

 

副作用
  • 肝機能障害 黄疸
  • 発疹
  • 蕁麻疹 アレルギー反応
  • 性機能障害
  • 精巣痛
  • 乳房障害

 

予想通りの副作用です。

プロペシアとほぼ同じ症状ですね。

 

副作用というのは、半年服用しても出なかったのに

7ヶ月目で急に来た!とか1年2年は大丈夫だったのに、

その後急に体に不調が・・・といったことも決して珍しくありません。

多少値段が高くても、必ず医師からの処方を受けましょう!

 

結果が出るまで

服用期間はプロペシアと同じで早くて3ヶ月

遅くて半年~1年ほどです

しかし、半年服用して効果が無かったら

その後の使用は医師と相談したほうが良さそうですね。

 

AGA治療薬は一歩間違えれば生死に関わる

副作用に発展しかねません。

個人輸入は出来るだけ避けて、

医師の診察の元服用するようにしましょう。

定期的な血液検査などは必須です

初心者必見!男性型脱毛症AGAの対策 薄毛おすすめ治療のまとめ

AGA治療薬はやめたほうが良い?

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

 

 


育毛・発毛ランキング

 

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG