運動不足の恐怖…薄毛になる大きな原因をあなたは作っている…

薄毛のみなさんはなかなか行動に移せず、それも落ち込む原因になっていないでしょうか?

先に結論から言ってしまいますが、

じつは薄毛で運動不足の人の大半は、精神的に不安定な状態になっているかもしれません。

 

落ち込んだ状態だと何をするにもやる気がなくなり、

どうしても体を動かすことができなくなってしまい、

薄毛を解消するのは難しくなるでしょう。

そんな人のために簡単な方法で、前向きになれる方法を紹介しますね。

 

運動不足は薄毛の原因のひとつだけどかなり重要な理由

まず薄毛を解消するためには、よく運動がいいと紹介されていますが、

これはなぜなのか気になりませんか?じつは運動をするだけで、

薄毛になってしまう原因を、かなり潰せられます。

 

さらに精神面も安定できるようになり、むしろこの効果を利用したほうが、

薄毛というのは解決しやすくなるんですよ!だから運動不足の人たちの多くが、薄毛で悩んでいます。

 

まだイメージしにくい人も多いでしょうから、

運動不足と薄毛の関係や、その原因についてまず紹介していきますね。

血行が足りていないと薄毛になってしまう…

薄毛というのは血行がいい状態でないと、

なにをしてもあまり効果が出ません。言い方を変えると土台となるのが、血流の良さなんですよね。

 

血液にはさまざまな栄養などが運ばれており、

頭皮までうまく運ばれていると、元気な髪が生えやすくなります。

血流をよくするためには、さまざまな方法がありますが、運動が1番手っ取り早い方法なんですよね!

 

運動不足だとこの土台が崩れてしまうので、

食事でいくら薄毛に効果的な栄養を摂ったとしても、

頭皮までうまく届けられなくて効果が出ない…なんてことになってしまいます。

 

血行をよくするのはそれくらい大事なことなので、最初に手を付けたほうがいいでしょう。

さらに運動で血液の流れをよくしたほうがいい理由があります。

血行不良はメンタルによくないから薄毛のサイクルに…

血行をよくしたほうが理由とは、メンタル面と大きく関わりがあるからなんです。

メンタルと薄毛?と思うかもしれませんが、

ある研究結果の中には、脳まで血液が届いていないと、うつ病になる確率が高くなるというものまであります。

 

東洋医学的な考えでも、血液の流れが悪くなると体が冷えてしまい、

それだけで精神的な不安定を起こすともいわれているんですよね。

 

そして精神的に不安定になってくると、何をするにも億劫になってきて、運動をするのも面倒…。

外に出るのも嫌になってきて、最終的には引きこもりになるなんてケースも…。

 

それくらい運動不足になると、

やる気が出ないから薄毛を解消する気も起きず、効果も出るわけがありません。

つまり運動不足を解消するだけでも、薄毛対策への取り組み方も変わってくると思っておきましょう。

 

薄毛対策をしようとしてもやる気がおきなくなってしまう

では運動不足がなぜやる気そのものを失わせてしまうのか?

これはどうやら脳内物質である「セロトニン」といわれるものが関係しているらしく、

運動不足だとこの物質が減少してしまいます。

 

セロトニンって何?と思うでしょうが、別名幸せホルモンとも言われており、

幸福感を感じやすくする脳内物質です。つまり運動不足でこれが減少するだけで、

ストレスを感じやすくなって、さらに血行が悪くなるサイクルに陥りやすくなります。

 

血行をよくしてセロトニンを増やす運動は、薄毛の人にとってかなり重要なものというのが、

これだけでなんとなくわかったでしょう。

とにかく運動不足でやる気が出ない人は、精神論より運動をしたほうがいいわけですね。

薄毛解消は行動から!運動が苦手な人のための3つの方法

運動不足はさまざまな原因で薄毛を引き起こしていると、

上記で紹介してきましたが、それでも運動するのは面倒…とよくお客様からもよく言われた経験があります。

 

そんな人こそ簡単な運動からでいいので、まずやってみる意識を持つようにしましょう。

とくに薄毛を解消するために重要になってくるのが下半身!

簡単にいうと足を動かす運動をしてみてくださいね。

日常生活で体を動かす習慣を付けて運動不足を解消

足を動かす運動といわれても何をしたらいいのかわからないし、

調べるのも面倒…という人は、日常生活をしている最中に歩くなど足を使う回数を増やしてみましょう。

 

今の社会では歩く動作が減ってきており、下半身が強化しにくい時代です。

ちょっとそこまで行くにしても、車を使うのが当たり前でしょう。

一昔前では歩いて移動するのが当たり前でしたが、ウォーキングをする時間をとっている人もいるくらいです。

 

それくらい日常では運動ができる環境があるので、

それを利用したほうが効率よく運動不足が解消できますよ。

例えば料理をしている人なら、つま先立ちをするだけでも効果があります。

 

エスカレーターではなく階段を使い、車をやめて電車や徒歩で移動するなど、

うまく工夫したほうが薄毛を解消しやすくなるでしょう。

 

下半身強化が鍵!気軽に運動不足が可能な「ランジ」

https://www.youtube.com/watch?time_continue=17&v=uqVCNFERT_U

 

運動することに慣れてきたら、次はさらに下半身に負荷をかけるようにすれば、

運動不足のサイクルを抜けられますよ。その中でもおすすめなのがランジといわれる筋トレ法です。

 

筋トレ?と少し戸惑ってしまうかもしれませんが、

このランジという筋トレは、かなり簡単で気軽な方法なので安心してくださいね。

 

  1. 肩幅に足を開いて片方の足を前に1歩出す
  2. 出した足のヒザが90度になるように曲げる
  3. その時に背筋が伸びた状態をキープする
  4. お腹に力を入れるように意識すると効果大!
  5. 前に出した足を元に戻して反対の足も同様に
  6. これを呼吸法も取り入れて10回を3セット繰り返す

 

とりあえず背筋をまっすぐに伸ばして、

後ろの曲げたひざから背筋を直線で繋いだ状態で、足を前後させる運動になります。

これだけでも意外に疲れてくる上に、体で1番大きい筋肉である太ももを鍛えられるんです。

 

この部分が鍛えられると全身に血液が送られるようになるので、

やる気が変わってくるでしょうから、続けてみてくださいね。

もっと簡単に運動不足を解消!寝たままエクササイズ

https://www.youtube.com/watch?v=21n7EvSNScs

 

上記の方法は効果がある筋トレなのですが、さすがにまだ筋トレをするのはやる気が起きない…。

そんな人は寝たままできる運動があるので、寝る前や起きてすぐやってみるといいでしょう。

 

それが足パカエクササイズ。仰向けになった状態で足を開き、

足を延ばしてお腹と足を90度にしたまま、足を開閉するのがこの運動のやり方です。

これだけでもお腹と足に負荷がかかるので挑戦してみてくださいね。

 

ちなみにこの方法はダイエットとしても使われる方法で、それくらい代謝が高まります。

汗をかくくらいの運動をしたほうが、かなり薄毛対策として期待できるので、続けていると精神的に変わってきますよ。

 

運動不足で薄毛になっているならまず簡単な運動から!

運動不足で薄毛になっている人は、さまざまなストレスを抱えているかもしれません。

本来ならその原因を解消すればいいのですが、なかなか現実的にうまく解消できないものです。

 

そこで運動をして脳内物質であるセロトニンを出してあげると、

それだけでもストレスが軽減して、やる気にもつながっていきます。

そうすると薄毛をよくしようと、積極的になれると、

ちょっとした運動からでも取り入れてみてくださいね。

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG