頭皮の乾燥は薄毛の敵?逆に油分が少ないのもNG?

 

頭皮の油は少なすぎても駄目!?

 

ヌケすぎ

現代では、

多くの男女が仕事の忙しさや疲労からくる強いストレスに悩まされています。

人間関係のトラブルによって薄毛になったと困っている人も少なくありません。

その他の薄毛の原因となっているのが、頭皮の乾燥です。

 

健康的な頭皮は油分や水分を含んでいますので、

適度にしっとりとしていて紫外線から頭皮を守ってくれる役割を期待できます。

そして、髪の毛はアミノ酸亜鉛などの栄養分からできているのです。

 

髪の毛の血流が悪化してしまうと、

こうした栄養分が髪の毛先まで行き届かない状態となってしまいます。

そのため毛髪は次第に細く短くなっていき

切れ毛や枝毛ができやすい弱い状態になったり、

 

頭皮の乾燥を防ぐためには、

シャンプーの選び方や、 使用量、

洗い方などに気を配ることが大切です。

 

石油系界面活性剤が含まれているシャンプーは、

洗浄力が強いため落とす必要のない皮脂まで洗い落としてしまいます。

 

頭皮に残っていた油分が落ちることによって、

かえって乾燥させる結果となります。

 

また、すすぎ不足が乾燥につながることもあります。

 

シャンプーが頭に残っていると

フケや痒みの原因となってしまうため、

普段の生活でしっかりと意識することが肝心です。

さらに、エアコンやストーブなどの

空調をこまめに調節することによって、

頭皮の乾燥を防いでコントロールすることが可能です。

 

近くに加湿器を設置するなど工夫を凝らすことで、

しっとりとした手触りを叶えることができます。

ビタミンタンパク質

海藻類など栄養バランスのとれた食事を摂取すると、

髪の毛の発育が良くなる効果も期待できるのです。

 

運動不足にならないよう有酸素運動を取り入れて

無理のない範囲内で行うことも効果的ですね。

 

このように、

 

薄毛を予防して健やかで美しい髪の毛を保っていくためには、

日頃の努力を怠らないことが何よりも重要です。

 

 

代謝の良い体に変身すると、

頭皮の毛穴を乾燥から守って美しい状態に導いてくれます!

 




>薄毛治療はお薬だけではありません。

薄毛治療はお薬だけではありません。

AGA治療薬が効かない!AGA治療薬がどうしても体に合わない!肝臓の数値が基準値を大幅にオーバーしてしまい医者から薬を止められてしまった!こんな方も実は少なくないと思います。しかし、まだ大丈夫です。薄毛の改善方法はまだあります!と、いうことで、薬じゃなくても薄毛を治すことが出来る方法をご紹介したいと思います。

CTR IMG